ギターレッスンを受ける為に最低限必要なレベルはこのくらい

ギターレッスンは敷居が高い?

ギターレッスンを受けたい人はたくさんいると思います。ですが、敷居を高く感じていると思います。


ギターレッスンを受けに来る人は「全くの初心者なんですが大丈夫ですか?」と枕詞を使いながら体験レッスンを受ける方が多いです。


そんな方々が心配するのは、どのくらいのレベルまで到達したらレッスンを受けてもいいの?という事だと思います。

今回は現役のギター講師が伝えるギターレッスンの入会について解説します。

ギターレッスンを受けるなら最低このくらいは知っておこう

ギターレッスンをこれから受ける方は最低このくらいは知っておくべき事についてですが、レッスンは教室や講師によって対応可能な内容があります。


例えば人によってはプロの人だけにしか教えないというプロtoプロ専門のギタリストや、初心者のみにしか対応していない初心者専門の方もいます。


ストロークしか教えない人もいれば録音の現場やジャムセッションで使える技術を教える人もいます。

 

基本的にプロにしか教えない人は生徒を公募していません。

全くの初心者でレッスンを受ける場合で公募している教室で初心者お断りの場合というのはほとんどありません。


むしろレッスンを受けたいと申し込みされる方は9割が初心者でギター講師はほとんど初心者を教える事をビジネスモデルとしていると言っても過言ではありません。


つまり講師歴が長くて、生徒実績が多い講師は初心者に教えるのに慣れているという事が言えます。

CHECK!講師歴が長くて、生徒実績が多い講師は初心者に教えるのに慣れているという事が言えます。

ギターレッスンは初心者が9割

前述しましたが、ギターレッスンを受講される方は9割が初心者です。その内訳に全くの初心者と少しだけ独学した事のある初心者になります。




公募しているギタースクールなどは9割の初心者でなりたっていますので、だれでも申し込むことが出来きます。




楽器をまだ持っていないけど練習したい人もいらっしゃいますし、一定期間のみ集中して通って宴会芸で発表して退会していく方もいらっしゃいます。

必要最低限のレベルはこのくらい

ギターレッスンを受ける為に最低このくらいのレベルは必要だという事でしたが、敷居を高いと感じてしまう反面レッスンのビジネスモデルを考えるとレベル云々の心配はまったくいらないという事が分かると思います。



重要なのは、スクールや講師の選び方です。初心者だという事を踏まえ、楽器はあるのか、何を習いたいのかを明確にして体験レッスンでカウンセリングを受けるのがベストです。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!