いざオンラインでギター教室を習う時の詳しい流れをギター講師が解説

オンラインでギター教室を受ける

オンラインでギター教室を受ける時に必ず体験レッスンから受ける事をおすすめします。

 

体験レッスンで講師の表情やレッスン内容や規約内容を知ることでその後レッスンを受けるかどうか決める事が出来ます。

 

実際に体験レッスンではどういった流れになるのか不安な方の為に現役のギター講師がその流れと注意点を解説致します。

体験レッスンの流れ

では実際にどの様な流れになっているのかを解説します。

・挨拶全般
・ギターを実際に弾いてみたり世間話したり
・規約説明/セールスポイント

上記のような内容を行う事になります。ここで各項目でどのような内容になるのか解説します。

挨拶全般

 

まずは自己紹介や世間話を行う事が多いです。

ある程度の情報は事前にインターネットのプロフィールなどで調べていくとどのような経歴なのか、どういった人柄なのか分かりやすいと思います。

 

 

実際のレッスンを簡単に

 

次に大体はギターを実際に弾いてみてどんな感じでレッスンを行ったりします。

講師はこの時に生徒がどのくらいのレベルなのか、どういった傾向や目標があるのかを測ろうとします。

多くの生徒様はじろじろ見られながらギターを弾くのに強い緊張感を感じる事が多いですが、緊張しながらでもいいので正確に自分のやりたいことや出来る事を伝える事が重要です。

体験レッスンでは基本的には実レッスンを行うか、体験用のテンプレートを行うかに分かれます。

実際のレッスンを期待しすぎていくのは避けましょう。

 

規約説明/セールスポイント

 

最後に規約を説明します。規約は料金体系やレッスン内容についてや、休会退会などの申請をしっかり聞いておきましょう。

 

特に退会や休会を行うタイミングでトラブルになる場合が多いので、しっかりと規約を確認しておく必要があります。

 

また、営業トークの〆になるシーンでもあります。最後に営業をかける講師や入会について決断をするシーンになりますので、ある程度考えを固めて置く必要があります。

 

まずは無料でオンラインレッスンに応募しよう

以上でレッスンで行う具体的な内容になります。オンラインの場合は基本的に無料の場合が多いのでとりあえずまずは申し込んでどういった流れなのかだけ感じてみましょう。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!