オンラインギター教室で弾き語りをマスターしよう【Cayuga Guitar】成果の出る練習

弾き語りをマスターする為にする事

弾き語りをマスターする為にはいくつかのステップがあります。今回はまったくの初心者であることを想定してどういった練習の流れで行っていくのかを解説していきます。

 

また、弾き語りをマスターするというのは一曲をギターの伴奏を行いながら歌いきるという前提になります。

 

難しい曲を簡単にアレンジしたり簡単な曲を弾いてみるのも良いと思いますが、今回はその流れや練習を行う方法を解説します。

ギターを手に入れる

ギターを手に入れる事がまずは必須になります。オンラインではギターをレンタルする事が出来ないので手元にギターが必要です。

 

ギターを手に入れる点に関してはまずは簡単な安いギターでいいので買ってみる事が良いと思います。

 

下に簡単なギターの選び方の基準を解説した記事を載せておきます。

基本的には自分の好みのものを選ぶのが良いと思いますが、挫折しないようにある程度は弾きやすいギターを選ぶ必要があります。

チューニングする

チューニングを合わせなければギターを正確に弾いても正確な音が出ません。まずは正確にチューニングを合わせる必要があります。

 

チューニングのやり方はある程度慣れるまで苦戦します。

 

Point!上(6弦)からミ・ラ・レ・ソ・シ・ミになります。

 

チューニングする為にはチューナーが必要です。チューナーは1000円くらいで購入できますのでギターと一緒に買っておきましょう。

コードを覚える・押さえる

コードとは和音の事でギターでは弦を押さえて鳴らす事で音色を奏でます。まずはコードを覚えて押さえられる様にならなければ弾き語りは出来ません。

 

簡単なコードを覚えて実際の曲を弾いてみましょう。

 

コツはいくつかありますが、まずはバレーコードがない曲を覚えましょう。

バレーコードとはセーハとも呼ばれる押さえ方で、FとかBとかになります。複数弦を一本の指で同時に押さえるという押さえ方になります。

ストロークをする

ストロークを行ってコードを鳴らしていきます。ストロークは基本的なやり方はいくつかありますが、まずはジャラーンとのばしっぱなしで良いと思います。

 

ストロークパターンはある程度のなれと癖を付けなければいけないので中途半端に変な奏法を覚えないようにしましょう。

歌と合わせる

最後にコードを弾きながら歌を合わせてみましょう。歌と合わせるのはギターを弾くのが難しければ難しいほど困難になっていきます。

 

まずはゆっくりとやってみて出来る限り同じテンポで弾けるようにしましょう。

 

歌とギターが合わないなと思う人はギターを弾くタイミングと同じタイミング発音する歌詞の部分だけを意識して弾いてみる事がコツです。

コツや練習方法を簡単にやりたい人はオンラインレッスンを受けよう

ギターを手っ取り早く始めたい人はオンラインでレッスンを受けるのがおすすめです。

 

チューナーを選ぶコツやストロークのやり方や選曲等、講師の指導のもと行うことがやはり最適です。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターレッスンをオンラインで受ける前にする事

ギターレッスンを受ける前にする事

ギターレッスンを受ける前にはした方がいい事があります。今回は現役の講師がこれからギターレッスンを受けるという生徒様に向けてこれはやっておいた方がいいという事を解説致します。


また、レッスンに関してですが今回はオンラインにのみ焦点をあてて解説していきます。


オンラインレッスンとはレッスン会場に直接足を運ぶことなく、ビデオ通話などでレッスンを受講するレッスンの事です。


オンラインレッスンと対面の違いについてはか下記のリンクをご参考にしてみて下さい。

オンラインレッスンの準備をしておく

オンラインレッスンは対面レッスンとは準備するものが全く違います。レッスン内容自体はほとんど同じですが、環境を整えなければなりません。まず大切なのが、

インターネット環境を準備する

オンラインレッスンはかならずインターネット回線が必要です。スマホでも行うことが出来ますが、


スマホの回線だと回線の限度が心配になりますのでスマホやタブレットを使用する場合でもなるべくWIFI環境を整備しておくことをおすすめします。


インターネット環境は回線自体ははやくなくても大丈夫です。レイテンシーは回線がどのくらい早くても必ず少しは発生します。


また、相互の物理的な距離にもよりますが、隣の部屋でやってたとしてもレイテンシーは発生します。回線のスピードは特にこだわりはしなくてもいいので安定している事を重視しましょう。

マイクとカメラを準備しておく

マイクとカメラを準備しないと通信してレッスンを行う事が出来ません。


PCにつけるカメラは今はほとんどマイク機能もついているのでカメラさえ買えばある程度機材は揃えられます。


カメラの選び方は、カメラ自体FPS対応や広角、画素数など様々な機能がありますが、正直なところ一番安いものでもまったく問題はありません。


ギターの手元が見える程度の機能があって演奏している音が収音できれば画質にこだわる必要はとくにはありません。

教材を準備しておく

レッスンを行う為には教材がなければ進行する事が出来ません。


これは講師が準備してくれる場合や生徒から準備する場合とであると思いますが、後者の場合は事前に準備しておく必要があります。


また、講師と共有する事も考慮しておく必要がありますので事前にスキャンしたり画面共有で同じ教材を見れるように設定しておきましょう。


一番簡単なのはデータ媒体の教材をネット上で購入してそれを講師とシェアする事ですが、もし難しければスマホのカメラ機能などで写真を撮ってデータ化するのが簡単です。

目標をはっきりと設定しておく

目標をはっきり設定しておくのは重要です。レッスンを受ける人は上達したくて申し込むと思いますが、意外とどうなりたいのかがあやふやな人は多いです。

CHECK!・弾き語りが出来るようになりたい。
・速弾きが出来るようになりたい。
・バンドで演奏してみたい
・レッスンでギターを習ってみたい

上記の理由はとても多いですが、どれもかなりあやふやでどうなったら達成されるのかがぼんやりしています。

レッスンで上達する為に最も重要なのが継続するモチベーションの維持です。そのモチベーションはもっと具体手的な目標を設定しなければモチベーションの維持が難しくなります。

ですが、目標の設定はある程度全体像が見えてこないと難しいのも事実で、まったくの初心者だと全体像を掴むことは困難です。そこでやはり、体験レッスンでしっかりとカウンセリングを行うことが重要になります。

体験レッスンでまずは講師とカウンセリングして、明確な目標を設定する事をしっかりと行いましょう。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!