ギターのオンラインレッスンはこういう講師に習うべき

こういう講師に習うべき

今回ギターレッスンを受けたいと考えている人に対して、現役のギター講師がどういうギター講師に習えばいいかを解説します。

この記事では基本的にはオンラインレッスンに向けて解説しますが、ギターレッスン全般的に講師としてレッスンに必要な能力に関して解説していきます。

また、今回ギターレッスンを探している人=初心者という前提でどういった講師が適任かを考察していきたいと思います。

「教える力」のある講師

まず、レッスンにおいて重要なのは生徒側の気持ちや意図を汲んでくれる講師です。

講師は基本的には演奏力が高くて経験もたくさんあり、生徒が必要な知識を提供出来る人が教えています。

一方でその諸々の能力と「教える力」というのは、まったくの別物です。

第一線で活躍しているスタジオミュージシャンが一流の講師かというと必ずしもそういう訳ではないという事です。

たしかにビクターウッテンのように天が二物を与えた人がいるのもたしかですが、ジミヘンが初心者に向けてまじめなレッスンをしているのを想像出来ませんし、イングウェイが簡単なバラードを教えているなんて考えられません。

つまり実績・講師歴なども重要ですが、それ以上に教える力がある講師を選ばなければいけません。

情報量の多い講師

ではどういう講師が教える力があるのかは探し方が難しいと思います。これは簡単な話で情報量の多い講師を探すと良いです。

CHECK!
情報量の多い講師

講師は一重に情報量の多さがものを言う世界です。プロミュージシャンというと万能なイメージがあると思いますが、やはりギターの中でも専門分野が分かれます。

ジャズが専門な人にメタルによく使われる定番のペダルやアンプを聞いてもしっかりとした答えが返ってくるとは考えられません。

メタルあがりのジャズミュージシャンだったらその情報を持っているかもしれませんが、そういった意味でも経験値からくる情報量を多く蓄えている人を探すことをおすすめします。

講師の中には様々な事に精通している人がいます。そういった人に共通しているのはプロフィールが充実している点です。しっかりと音楽を勉強している人はしっかりとプロフィールが構築されていて分かりやすくなっている事が多いです。

下記にいい教室の探し方も載せておきますので教室探しの足しにしてみて下さい。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギター講師が教える【ギターレッスンを教わらない方がいい人】

こんな人は教わらない方がいい

この記事ではこれからギターレッスンを考えている人に対して、こんな人はギターレッスンを受けない方がいい場合をご紹介していきます。

ギターレッスンでは様々な事を教わることが出来ますが、基本的には講師やスク―ルの方向性に左右される要素が非常に大きいです。

スクールが大規模でも講師があまり合わないと意味がないですよね。逆にスクールが小規模でもいい講師であれば有益なレッスンを受ける事が出来ます。

一方で生徒としては本当にレッスンを受けるべきなのでしょうか?ギターを新しく始めたいからレッスンを受けようと考えている人に現役の講師がこういった人はレッスンを受けても特に意味がないパターンをご紹介します。

レッスンだけでは絶対に上達しない

レッスンだけで上達しようと思っている人

まずこれだけは確実なことが一つあります。それが、レッスンだけでは絶対に上達はしない事です。

レッスンは確かに上達する為の近道ではありますが、あくまで近道を教えるだけの場です。

近道を教えてもらっても自分で道を歩いていかなければ目的の地点へはいつまでもたどり着くことが出来ず、地団太を踏むだけです。

地団太を踏む生徒様は非常に多く、モチベーションの低下や弾けない事による挫折などで地団太を踏んだままレッスンを辞めていってしまいます。

結局のところレッスンにさえ通えば練習しなくていいという様な考え方を持つ方は非常に多いですが、これではどんなにいいレッスンを受けても意味がないのです。

上達する人は勝手に上達する

感覚を掴んだらやめちゃってOK

筆者はギターレッスンを10年程行ってきましたが、上達する生徒様は何をしても勝手に上達していきます。

ギターへのモチベーションを維持出来ていて、しっかりと時間を楽器にさいている人は楽器に対して負荷と感じている要素が少ない傾向があります。

つまりはレッスンである程度の事をやっても、余暇でさらに自分で追及したり課題と同時に更にたくさんの課題を自分で見つけられる人です。

課題さえ見つけてしまえばあとはそれを克服すれば上達するわけですから簡単なわけです。

レッスンでは課題を教えてあげてそれを克服する手助けをしますが、これが生徒様だけで完結できさえすればレッスンなんて受ける必要がないのです。

実践現場とレッスンで迷っている人

実践的なライブやセッションを自分でこなしていくのとレッスンを受ける事で上達していく事を天秤にかけている人は時々見かけます。


こういった人に一貫してお伝えしているのは1回の実践は100回のレッスンに勝るという事です。


実際に人の前で演奏などを行う場合はステージングやアンサンブルや演奏の課題がたくさん浮き彫りになります。


レッスンではそういった課題を教えてもらい克服していきますが、課題さえ見つけてしまえばもはや上達するのは時間の問題なのです。


つまり、実践で得られる経験というのはレッスンに何回通っても得られない貴重なものであり、自分で実践的な場所に身を置ける人にとってレッスンはサブ的な位置づけでいいのです。

何をしたら上達するのか分からない人はレッスンを受けよう

どうやったら上達するのか分からない人は是非レッスンを受けましょう。レッスンでは課題を明確にするべきですが、講師に全てをゆだねる前に自分の中である程度の方向性を考えて置く必要があります。

CHECK!どうやったら上達するのか教えて欲しい

上達とはなにか?速弾き?ソロギター?

好きな音楽を弾けるようになる事

好きなアーティストと目指す曲を明確にする

その曲を弾くためにはなにをすればいいか



といった流れの様に目的を明確にすることで講師と上達への課題を明確にすることが出来ますし、レッスンを効率的に行うことが出来ます。



こういった課題をまず自分で明確にするためにレッスンに足を運びギターの練習に対する考え方を教えてもらうといった面ではレッスンは非常に有効なものになります。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!