いざオンラインでギター教室を習う時の詳しい流れをギター講師が解説

オンラインでギター教室を受ける

オンラインでギター教室を受ける時に必ず体験レッスンから受ける事をおすすめします。

体験レッスンで講師の表情やレッスン内容や規約内容を知ることでその後レッスンを受けるかどうか決める事が出来ます。

実際に体験レッスンではどういった流れになるのか不安な方の為に現役のギター講師がその流れと注意点を解説致します。

体験レッスンの流れ

では実際にどの様な流れになっているのかを解説します。

・挨拶全般
・ギターを実際に弾いてみたり世間話したり
・規約説明/セールスポイント

上記のような内容を行う事になります。ここで各項目でどのような内容になるのか解説します。

挨拶全般

まずは自己紹介や世間話を行う事が多いです。

ある程度の情報は事前にインターネットのプロフィールなどで調べていくとどのような経歴なのか、どういった人柄なのか分かりやすいと思います。

実際のレッスンを簡単に

次に大体はギターを実際に弾いてみてどんな感じでレッスンを行ったりします。

講師はこの時に生徒がどのくらいのレベルなのか、どういった傾向や目標があるのかを測ろうとします。

多くの生徒様はじろじろ見られながらギターを弾くのに強い緊張感を感じる事が多いですが、緊張しながらでもいいので正確に自分のやりたいことや出来る事を伝える事が重要です。

体験レッスンでは基本的には実レッスンを行うか、体験用のテンプレートを行うかに分かれます。

実際のレッスンを期待しすぎていくのは避けましょう。

規約説明/セールスポイント

最後に規約を説明します。規約は料金体系やレッスン内容についてや、休会退会などの申請をしっかり聞いておきましょう。

特に退会や休会を行うタイミングでトラブルになる場合が多いので、しっかりと規約を確認しておく必要があります。

また、営業トークの〆になるシーンでもあります。最後に営業をかける講師や入会について決断をするシーンになりますので、ある程度考えを固めて置く必要があります。

まずは無料でオンラインレッスンに応募しよう

以上でレッスンで行う具体的な内容になります。オンラインの場合は基本的に無料の場合が多いのでとりあえずまずは申し込んでどういった流れなのかだけ感じてみましょう。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

安いギター教室に注意!現役ギタリストが警鐘を鳴らす理由

安いギター教室に注意

安いギター教室はたくさんあります。特に得体のしれないギター教室に多いです。こういったギター教室のコスパはどうなのでしょうか?

様々な人がいるので一概にこうだという事は出来ませんが、具体的な例も含めて傾向とその実情を元気のギター講師が解説致します。

一般的な料金設定

まずは一般的なレッスンの料金設定についての相場を解説します。

1時間当たりのレッスンの料金の相場を記載しています。

レッスン形態値段
対面レッスン5000円~8000円
オンラインレッスン3000円~5000円
ペア対面レッスンより少し割引×2
グループ対面レッスンより大きく割引×人数
※ざっくりと書いてます。

需要と供給が合っていない

ニーズが多ければ単にレッスン料金を一般的な値段にしても良いわけですが、対面レッスン等で1時間2000円程で募集している教室は明らかにニーズが少ないか、実務経験が少ない駆け出しの教室の場合等です。

良心的な教室だと思って入会してしまうとかなりお粗末な情報しか入手できない教室の場合が多いです。

また、人気の講師がいたとしてその人が1レッスン2000円で行っている教室はあり得ません。需要と供給のバランスがとれていない教室が超安価設定で行っている事はよくある事です。

兼業している人が安い事も良くある

需要と供給が合ってないことが廉価教室の1つの原因という事を挙げましたが、ギター講師は兼業している事が多くあります。

その割合が別の仕事がメインになっている場合アルバイト程度に教室を大幅に安くしている場合があります。

こういった講師の方はご年配の方に多い印象を受けます。趣味程度に自分のコミュニティーを作っているタイプの教室は値段を度外視でコミュニティー性を重視している事が多いです。

教室を探しているならまずはオンラインから

教室を探しているけどどういった教室からあたればいいのか分からない方や迷ってしまっている人はまずはオンラインレッスンから受けてみましょう。

体験レッスンは無料のところがほとんどで機材もスマホ一つだけあればすぐに始められます。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターの簡単な選び方を現役講師が教えます

ギターの簡単な選び方

ギターの簡単な選び方を現役の講師が解説致します。

ギターを選ぶときに大切なことはいくつかありますが、ネットで調べただけでは初心者は難しいです。また、選び方に関して調べても色々な情報が載っていてどれを信じていいのか判断に困るかと思います。

今回は個別レッスンで500人以上を教えてきた現役のギター講師が初心者はこれだけ押さえておけば大丈夫なポイントをご紹介致します。

ギターを選ぶときに行く店

まずどこで楽器をかったらいいのかを解説します。楽器店にいくのがいいのかオンラインで選んだらいいのか

行く店のポイント

ギターは店頭で買うことをおすすめします。実際に楽器を見なければ若菜頼情報が多すぎる為です。

スペック表などはギターにそれぞれありますが、実際には個体差が大きくあります。同じギターの機種でもものによっては弾きやすかったり弾きにくかったりします。

また、管理状態なども様々で路面店の店頭に吊るされているギターはかなり状態が悪くなってしまっている事が多いです。

ベストなのはデザインやスペックは予めネットで調べてから店頭で実際に見してもらうのが良いと思います。

店員との会話ではここに注意しよう

店員の人は楽器のエキスパートという訳ではありません。楽器を売るエキスパートです。一夜漬けの知識をもって店員に話しかける人は数多くいます。

そんな初心者を接客するプロは楽器を営業する事が非常に上手です。そんな店員と話すときはコツがあります。

店員には具体的な質問しかしない

店員に答えをゆだねるタイプの質問は意味がないです。これはある程度の下調べがある事が前提ですが、自分の知りたい情報を選定しておいて店員が必要な時だけ質問する事になります。

良くない質問の例

「これはどんなギターなんですか?」

「弾きやすいギターってどれですか?」

「おすすめのギター教えて下さい」

「ギター弾いてみて下さい」

「初心者だとどんなギターを選べばいいんですか?」

良い質問の例

「このギターの他のカラーを教えて下さい。」

「ネットで見たこのギターは在庫ありますか?」

「このギターのここの弦高を教えて下さい。」

「このギターはずっと店内で保管されていたんですか?」

といった具合になります。要するにある程度調べておいて自分の中で基準を設けて置くことが前提になります。

初心者はギターのここを見るべき

ギターのここを見れば安心!簡単にチェックできる項目!

✅ 弦高がある程度低い 12フレットで2.5mm以下
✅ デザインが好き
✅ 音に関しては初心者は気にする必要はない
✅ ギターの大きさが体のサイズに合っている
✅ 修理したい時にすぐに持ち込める店かどうか
✅ ギターケースはちゃんとしたものを買う

初心者でも最低このくらいは出したい値段

初心者の人は続くかも分からない楽器にそこまで出せませんよね。初めてギターを買う時に予算はどのくらい出せばある程度のギターを購入する事が出来るのでしょうか?

Point!1~5万円はおなじクラス

1万円のギターと5万円くらいのギターで悩んでいる人にとっては大きな違いだと思いますが、

もしもギターを長く続けていくつもりで最終的には良いギターを買う可能性があるのであれば前述した二つのギターに差はまったくと言って良いほどありません。

ここで楽器店では「こっちのほうが杢目があって、、、」「こっちは限定品で、、、」「こっちはアーティストのシグネチャーモデルで、、、」といった感じで様々な営業トークを繰り出してきます。

ここで重要なのは好きな方を買う事です。一目ぼれしたものを買いましょう。これはひとえに見た目だけにこだわって大丈夫という事です。

ギターの買い方も直接聞くことが出来るオンラインレッスンがおすすめ

ギターに関しては買い方の他に機材まわりや最初に必要なものや教材等様々な疑問があります。これらは調べはじめたら時間がかかってしまいますし正解がないものですが、オンラインレッスンで情報を得る事でより効率的にギターを始める事が出来ます。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターのストロークは2種類だけマスターすれば良い理由【ギター教室】

ギターのストロークは2種類だけ

ギターのストロークは2種類だけマスターすればほとんどのバリエーションをカバー出来ることは案外知られていません。

初心者は何を練習したらいいのか分からずドレミを単音で弾こうとする人がいますが、ギターはタブ譜がある手前将来的にギタリストになるのでなければ音階を弾くことはさほど重要ではありません。

では、何が重要かといいますと

CHECK!ストローク

になります。
ストロークとは弦をピックや指で弾く事で和音を奏でる奏法の事です。

ギターはまずこのストロークをマスターする事で伴奏を覚え、ギターの基本的な動作をマスターする事が出来るのです。

ストロークには大きく分けて2種類あり、8分音符でオルタネートしてストロークするか、16部音符でオルタネートするかです。

オルタネートに関してはこちらをどうぞ

今回はこの2つのストローク方法をご紹介します。

8ビートストローク


8ビートストロークはこんな感じです。

冒頭で尾崎豊さんが弾いているギターが象徴的で、弾き語りを行う上ではかかせません。

16ビートストローク


16ビートはこんな感じです。

スピード感があってノリがよくちょっともたれるとファンキーに聴こえるストロークです。

どうしてこの2種類だけマスターすればいいのか

・オルタネートの基本を身につけることが出来る
・世の中には8ビートと16ビートが圧倒的に多い
・後々シャッフルやバウンスにも対応出来る

実際に使われている曲

8ビート

空も飛べるはず – スピッツ
栄光の架け橋 – ゆず
真っ赤な太陽 – 美空ひばり
恋 – 星野源
とんぼ – 長渕剛
etc

16ビート

Wherever You Are – One Ok Rock
裸の心 – あいみょん
さよなら – オフコース
夏色 – ゆず
楓 – スピッツ
etc

簡単な練習方法を得られるサイト

8ビートも16ビートも練習を行えば独学でも習得する事が出来ます。しかしコツを掴むまでは調べたりするのが大変ですよね。

独学で頑張りたいという人にはToyko Guitar Pressというサイトで非常にたくさんの有益な情報を得る事が出来ます。リンクを貼っておきますのでサイトからストロークの方法などをお探しください。

合わせて読みたい!

Tokyo Guitar Press

分からなくても大丈夫!体験無料のギター教室紹介

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターは独学では習うな?!現役講師が暴露する落とし穴

ギターは独学では習うな

ギターを独学では練習するべきではない理由をご紹介致します。ギターを独学で習うメリットに関しては下記にリンクを貼っておきますので参考にしてみて下さい。

今回は現役の講師による独学でギターを習うと起こる弊害等を踏まえて解説致します。

独学では変な癖がつく?

独学で練習をすることで変な癖がついてしまうとよく耳にしますが、これについて解説します。

ギターは基本的に反復練習

独学で練習する事で変な癖がついてしまうというのは、ただの噂ではなく実例が多くある本当の事です。

ギターの練習は基本的には反復練習がほとんどです。速弾きなどの動作は筋肉に覚えされる必要がありますので、何回も体に刷り込んでいく必要があります。

技術を習得する為には反復練習は必須で、これを変なフォーム等で行ってしまうと体がこれを覚えてしまい、修正するのに多大な労力がかかってしまったり直すことが難しいといった状態になります。

よく見るのはオルタネートを知らない人やインサイド・アウトサイドの意識がないけど早く弾こうとして無駄な動きが多くなってしまっている人などです。

レッスンを事前に受ける事でフォームの修正や方向性などを教えてもらうことが出来ます。あとはひたすら自学すればいいだけなので、最初の内の型が出来上がる前はしっかりとした教育が必要なのは間違いありません。

ギターを独学で習うと世界が狭くなる

ギターを独学で練習していると好きな曲をひたすらやっていく事になると思います。

もちろん好きこそものの上手なれですから、これは全く悪い事ではありませんが、それだけでは世界はとても狭く、もったいない事をしている事にすら気が付くことが出来ません。

自分に合ったレベルやジャンルの情報は今はインターネットの発達で多く仕入れる事が出来ますが、ピンポイントにアクセスするのは運がとても良くなければ出来ません。

また、調べてるとしても時間も膨大にかかってしまいますので、練習の時間が少なくなってしまったりして効率が悪くなってしまい上達のさまたげになる本末転倒な状態になってしまいます。

レッスンではこういった情報へのアクセスを期待して様々なジャンルや曲や奏法を紹介してもらうことが出来ます。自分で調べるだけではどうしても限界がありますが、レッスンを受ける事でグッと効率を上げる事が出来ます。

機材を買うときのリスクを回避するべし

レッスンを受けるならば何も持っていない状態で受けましょう。なぜならば初心者は楽器を買う知識をまったく持っていない為です。

楽器についての知識は調べてある程度分かったつもりでも分かったつもりでいる初心者に対しての接客を店は行います。

ネックの反りがある事を調べたことで分かった初心者が店員に

「このギターはネックは反っていないですか?」

と聴いたとしますが、

「ネックというのはそもそも全て順ぞりしていますので反っていても問題ないんですよ?」

というように言われたら納得してしまいますよね。

ですが例えば相談できる講師がいたとしたら

「12フレット地点でのフレットと弦の距離を教えて下さい。2mm程度だったら低いですね。」

とか言えるわけです。楽器自体がかなり高価な買い物になりがちなので、まったくの知識がない状態で買いに行くのはネギを担いだ鴨が漁師に会いに行くようなものです。

ギターレッスンを探しているならおススメのギター教室

ギターレッスンをこれから始めたい人におすすめのギター教室をご紹介します。本記事全般を監修していて数々のギター教室で講師を務めるギタリストにギターを教わることが出来ます。

お得なキャンペーンも実施しておりますのでまずは体験レッスンにお申込み下さい。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

プライベートオンラインギターレッスンならCayuga Guitar

知らない間に上達してしまおう

プライベートレッスンを行いたい人必見の教室です。
オンライン専門でギターレッスンを行なっているCayuga Guitarは各方面で活躍をしている現役ギター講師の鈴木光生による完全プライベートレッスンです。

様々な大手スクールで講師を務めてきた現役講師がレッスンをそのまま個人教室でも行っているから、大手スクールと同様のレッスンをプライベートに受ける事が出来ます。

Point!
やりたい事をやりたいときに習えるからモチベーションを維持しやすい!
モチベーションを維持できるから知らないうちに上達できる!

Cayuga Guitarの特徴

Cayuga Guitarでは、体験レッスンでしっかりとしたカウンセリングを行なっております。

CHECK!レッスンへのご希望や日程、やりたい内容などを生徒様のご意志を尊重してカウンセリングを行います。

個人教室なのでカウンセリングによって柔軟な対応が可能です。
ギターをまだ買ってない初心者にはギターの選び方やギターの基本知識、ギターをある程度弾ける人には様々な楽曲へのトライや上達トライアルを提供します。

Cayuga Guitarは様々なスクールで教えている現役ギター講師の個人教室です。

一般的なギター教室だと、スクールに問い合わせをして入会手続きなどを行ってと個人情報が様々な人の手を渡るのが心配ですよね。

個人教室であるCayuga Guitarでは講師自身が個人個人に1人で対応していて、個人情報保護規約遵致しますので、習っている事が知られたくない人でも安心してレッスンを受けることが出来ます。

また、教材費や年会費なども一切かかりません。体験レッスンでカウンセリングを行った当日からギターレッスンを受ける事が出来ます。

プライベートレッスン特化

Cayuga Guitarは2020年6月より完全オンラインレッスンへ移行しました。
それに伴い、プライベートレッスン特化したレッスン内容を行なっております。

普及しているZoomやSkypeを使用することでオンライン上での完全プライベートなレッスンになります。

また、個人のレベルや好みの音楽に合わせるために、使用する教材は人によって全て違います。

体験レッスンでカウンセリングを行うことで、個別のレッスンで音楽を楽しんで学んでいただくことを目的としています。

個別指導だから自分のペースで進められる

個別指導の最大の利点は自分のペースで練習を進める事ができるという事です。グループでのレッスンなどでしたらレッスンの進捗に差が出てしまったり、

後から入ってくる人に気を遣ってなかなか自分の課題が進まなかったりしますが、完全プライベートなCayuga Guitarではその心配は一切必要ありません。

また、わからないことがあればオンライン上でいつでも聞く事が出来るのも特徴です。

対面よりも効率がいい

対面でもプライベートレッスンはありますが、オンラインレッスンと比べて対面は大きく違い、メリットやデメリットもあります。

メリットやデメリットに関しては下の記事に書いてあります。

オンラインのメリットはやはり効率の良さになります。オンラインで受けることでわざわざ移動する時間を設けなくてもいいですし、外に出る準備すらしなくても良くなります。

往復の交通費やガゾリン代なども節約することができます。これを楽器の練習や課題に充てる事ができます。


また、レッスンは対面に比べてスタジオ代がかからないの比較的に安いことが多いです。1000円や2000円ほど変わることが多いので、毎回弦代を節約する事ができます。

体験レッスンに申し込んだらすぐにレッスンが出来る

まずは体験レッスンでカウンセリングに申し込みましょう!
体験レッスンを行った当日からでもレッスンを行う事ができます。
プライベートレッスンならCayuga  Guitarにご連絡下さい。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターを独学で練習するメリットとデメリット

ギターを独学で練習するのは危険?!

ギターを独学で練習するメリットとデメリットに関して解説していきます。


ギターをこれから練習しようと思っている初心者の方は何から始めたらいいのか分からず右往左往しているのではないでしょうか?

今回はこれからギターを練習するにあたって自分だけの力で練習していくとどういうメリットがあるのか、

習う事でどういったメリットがあるのか、またデメリットはあるのかを現役の講師が解説します。

お断りとして、デメリットとメリットを解説しておすすめはしますが本記事はどちらかを強制するものではありません。

最終的な判断は賢明な読者様に完全に委ねられるものであり、どちらを選ぶかは自由です。

独学のメリットとデメリット

独学に関してのメリットとデメリットを解説します。

メリット

⇒ お金がかからない

youtubeなどにレッスン動画などはたくさん載っています。好きな動画を無料で見る事が出来るものが多いので、そういったものを活用すればお金をかけずに練習する事が出来るメリットがあります。

⇒ 好きな事を好きな時に練習出来る

レッスンを受けると、課題曲や練習テーマを抱える事になります。これらは必ずしも生徒様がやりたい内容ではないです。やりたい事以外の事で詰まってしまうと挫折の原因にもなりますので、独学で好きな時に好きな練習をやれるのは強みになります。

⇒ 形式にはまらない

独学で行う事で、いい意味で形式やジャンルにとらわれずに練習する事が出来ます。これはデメリットと紙一重になりますが、やはり習う事で教えてもらう講師寄りの演奏になることが多いです。メタルの講師の弟子はジャズによっていく事はあまりありません。

デメリット

⇒ 効率が悪い

レッスンを受ける醍醐味こそが正解へのショートカットを教えてくれることです。自分で調べるにはめんどくさかったり、いくらしらべても納得のいく答えが分からなかったり、細かい箇所が今一わからなかったりします。そこで講師に直接レスポンスをもらう事で、大幅な時短になりますし問題点を見つける事でレッスンを有効活用する事が出来ます。

⇒ 情報が不足しがち / 偏りがち

独学で練習すると、情報不足になることが多いです。その最たる状態が「なにをすれば上達するのか分からない」という方です。これは完全な情報不足が原因で、これを打破するには情報の提供元が必要です。レッスンを受ければ幅広い情報を受け取ることが出来ますのでカウンセリングを通して、様々な演奏の仕方や練習方法を行うことが出来ます。

⇒ 変な癖がついてしまいやすい

最大のデメリットがこの癖に関してになります。練習をしているうちに変な奏法などでギターを極めてしまうと上達したときにそれを矯正することは並大抵の労力ではなくなります。

習った方がいいの?独学がいいの?

じゃぁ結局どちらがいいのでしょうか?習った方がいいのか独学で練習していった方がいいのか?

読者様の状況もそれぞれ違いますし、これは一概にどっちと言えるわけではありません。

ただし、状況別に別けるとするならば

CHECK!お金に余裕があっていい講師を見つけられるのであればレッスンは強くおすすめ

言い換えるとお金に余裕がなくて講師もめどが立たない様だったら独学の方が絶対にいいです。

講師の探し方や見つけ方のポイントなども解説していますのでそちらも参考にしてみて下さい。

習わない方がいい人はいる

ギターレッスンを探している生徒様にお伝えしたいのは、レッスンを受けていて上達する人っていうのは放っておいても勝手に上達していきます。

レッスンでは効率があがったり、様々な情報を得られるのは非常に有益ではありますが、結局最終的に自学しない人の上達は遅いのです。

自学する人はレッスンを受けていても上達しますし、レッスンを受けなくても自学を進める事が出来ます。

独学するならこれをやるべき

では独学を行うならば、どうやって練習を進めていけばいいでしょうか?何を練習したらいいのか分からないという人に向けて解説します。

独学でやるべき事は簡単です。

Point!
やりたいことやなりたいスタイルを明確にする

独学で上達できる人は前項で記述した通り、放っておいても勝手に上達します。「好きこそものの上手なれ」と言いますが、好きなことを追求するのが一番上達します。

・イングウェイみたいに速く弾きながら変なポーズをして盛り上がってギターを壊してみたい
・リッチーコッツェンみたいになんでも自分でやってテクニカルなフレーズ弾きながら歌ってみたい
・トミーエマニュエルみたいにかっこいいおやじ感だしながら超絶なソロギターを弾きたい
・カントリーギターを極めたい
・ジャズを勉強してセッションをアメリカで実現させたい

上記の様ななるべく具体的な目標があるとおのずとやるべき練習が明確になります。

イングウェイのようになる為には髪をのばしてヤンチャな雰囲気をだして壊していい用なギターを準備してスパニッシュっぽい速弾きの練習をすればいいのです。

オンラインレッスンはレッスンの理想形

最後に独学思考の読者様にもオンラインレッスンをおすすめする理由をご紹介します。

自学で上達する人は勝手に放っておいても上達しますが、練習方法ややり方に回り道に出くわすときが出てきます。

ここ分からないけどyoutubeや記事を探すしかないかなぁ・・・とか考えても結局答えが出てこないと何時間もそこで足踏みしてしまいますが、これがレッスンでは聞けばすぐに答えが返ってくるという事で一番の近道をおのずと探すことが出来ます。

また、イングウェイになりたい人はおそらくイングウェイがなにをやってあのフレーズっぽい音になっているのか、どういう音を出しているのかはあまり考えたことがないと思います。

それを教えてもらったり、考えるきっかけをもらうという事も重要です。ギターを始める段階では圧倒的にギターに関して情報不足という認識をもっておきましょう。レッスンはそういった情報を専門家に聞く絶好の場です。

CHECK!レッスンはつまり、上達する為のブーストです。

効率をあげて上達のスピードなどをブーストさせることができます。一方で、レッスン自体に弊害も発生しがちなのも確かで、金銭的負担や講師との時間合わせの手間など効率が落ちてしまう反面もあります。

そこで、おすすめするのがオンラインレッスンです。オンラインレッスンは場所代がかからない為通常の対面レッスンよりも安価に受ける事が出来ます。また、移動時間も必要なく、ご自宅からでも受ける事が出来るので効率を非常に上げる事が出来ます。

現役講師の個人スクールだから安い!レッスンをお探しの方へ

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターのオンラインレッスンはこういう講師に習うべき

こういう講師に習うべき

今回ギターレッスンを受けたいと考えている人に対して、現役のギター講師がどういうギター講師に習えばいいかを解説します。

この記事では基本的にはオンラインレッスンに向けて解説しますが、ギターレッスン全般的に講師としてレッスンに必要な能力に関して解説していきます。

また、今回ギターレッスンを探している人=初心者という前提でどういった講師が適任かを考察していきたいと思います。

「教える力」のある講師

まず、レッスンにおいて重要なのは生徒側の気持ちや意図を汲んでくれる講師です。

講師は基本的には演奏力が高くて経験もたくさんあり、生徒が必要な知識を提供出来る人が教えています。

一方でその諸々の能力と「教える力」というのは、まったくの別物です。

第一線で活躍しているスタジオミュージシャンが一流の講師かというと必ずしもそういう訳ではないという事です。

たしかにビクターウッテンのように天が二物を与えた人がいるのもたしかですが、ジミヘンが初心者に向けてまじめなレッスンをしているのを想像出来ませんし、イングウェイが簡単なバラードを教えているなんて考えられません。

つまり実績・講師歴なども重要ですが、それ以上に教える力がある講師を選ばなければいけません。

情報量の多い講師

ではどういう講師が教える力があるのかは探し方が難しいと思います。これは簡単な話で情報量の多い講師を探すと良いです。

CHECK!
情報量の多い講師

講師は一重に情報量の多さがものを言う世界です。プロミュージシャンというと万能なイメージがあると思いますが、やはりギターの中でも専門分野が分かれます。

ジャズが専門な人にメタルによく使われる定番のペダルやアンプを聞いてもしっかりとした答えが返ってくるとは考えられません。

メタルあがりのジャズミュージシャンだったらその情報を持っているかもしれませんが、そういった意味でも経験値からくる情報量を多く蓄えている人を探すことをおすすめします。

講師の中には様々な事に精通している人がいます。そういった人に共通しているのはプロフィールが充実している点です。しっかりと音楽を勉強している人はしっかりとプロフィールが構築されていて分かりやすくなっている事が多いです。

下記にいい教室の探し方も載せておきますので教室探しの足しにしてみて下さい。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

現役ギター講師が教える一番安く高いレベルのギターレッスンを探す方法

効率のいいギターレッスンの探し方

今回はレッスンを安く、かといってちゃんとしたレッスンを探す方法を現役のギター講師が解説します。

レッスンを探すときは星の数ほどある教室から自分にあったレッスンを探さなければなりません。

初心者のうちはどんな教室に申し込んだらいいかは判断する事が難しいと思います。

さっそくですが、まずどんな教室やどんな講師からレッスンを受けるべきなのか、注意点を踏まえて解説していきます。

ギターレッスンはオンラインで探す

ギターはオンラインで探しましょう。探し方ですが、大手の教室をさらっていく感じでいいです。

この時に気を付ける点としては、メイン講師を見て置くことです。教室のメインページに登場する講師等は基本的に教室の看板替わりになっていて、実績のある講師が多いです。

Point!

複数の教室を手当たり次第探してそういった実績のある講師を探しましょう。

実績を見るうえで重要になるのは、演奏実績よりも講師歴です。具体的には人数や年数、またどのくらい所謂「教えている感」があるかです。

特に重要なのは

CHECK!「ちゃんと教えている感」

これは説明が難しいのですが、講師の中には独特のうさん臭さを放つ人もいます。

このうさん臭さを感じたら申し込むのは止めましょう。実績を全く書いていなかったり、個人教室のみでしかやっていなかったり、専門の楽器がない人などかなり怪しい人もいますので気を付けましょう。

【裏技】ギターレッスンはスクールから個人へ

では、教室や講師を見つけたらどうすればいいのでしょうか?体験レッスンを申し込む前に講師名でネットで検索をしましょう。

例えば「田中ギタ朗」という講師がいるとすると「田中ギタ朗 ギター レッスン」などと検索をしてみましょう。

すると講師によってはたくさんヒットがあると思います。いくつか教室で担当を持っていたりしているか確認して比較してみましょう。

一番いいのは個人でスクールをやっている人を見つける事です。ビッグスクールでレッスンを行っていて、個人でもスクールを展開している人は最高です。

こういった人は同じレッスンを個人スク―ルでも行っていて、その実値段設定も仲介手数料がないので安いです。

唯一違う点としては、実教室があるかないか、教材がスクール依存ではないかの二点程度です。

実教室はスタジオでレンタルすればいいですし、オンラインでしたらなにも変わりません。

また、教材がスクールを介さなければ手に入らないものだとするとスクール依存になってしまいますが、ノウハウを吸収するなら個人で展開している資料を提供してもらえれば十分です。

レッスン内容に関してですが、実際内容に差はないです。特に講師歴が長い講師に至っては自分のやり方がある程度構築されている人が多く、スクールごとに切り替えてやることはほとんどありません。

いい講師の見つけ方

それでは、良い講師はどうやったら見つけられるのかを考えていきましょう。

いい講師とは、一言でいうとちゃんとレッスンを行っている人です。これはプロフィールを見るとすぐに分かります。


基本的に経験がないひとは講師実績にほとんどなにも書いていません。また、個人教室でしか行っていない人や、関連性のない複数の楽器を教えている人も同じです。


前述したうさんくささを感じる人はプロフィールや実績をみるとすぐに分かります。かならずチェックするようにしましょう。

ギターレッスンを探してる方へ

最後にこのページをお読みいただき教室を探している方にCayuga Guitarをご紹介致します。


講師実績生徒500人以上を担当してきた講師が展開している個人教室で、様々教室で行っているレッスンをそのまま格安で受ける事が出来ます。


一度無料の体験レッスンでカウンセリングからどうぞ


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

楽器をオンラインで習うならギターレッスンがオススメな理由

ギターレッスンがオススメ

楽器をこれから何か新しく始めたいからオンラインでレッスンを探している人に向けて今回はギターがオススメな理由を解説していきます。

まず今回はギターの可能性とオンラインに向いている楽器としてどういう点でメリットやデメリットがあるのかを解説していきます。

それでは、まずはなぜギターがオススメなのかをご覧ください。

ギターがオススメな理由

音楽の三代要素として挙げられているのがリズム、メロディー、ハーモニーです。多くの楽器は三代要素のうちの1つだけを担当している事が多いです。


リズムに関してはリズムのみを担当している打楽器系のドラムや太鼓やパーカッシブな楽器がありますし、メロディーは単音楽器である管楽器や主旋律をひくバイオリンなども広義にはメロディー楽器と言えます。

ギターに関してはパーカッシブな奏法、単音のメロディーフレーズ、伴奏としてコード演奏を行う事ができるので、ある種最もコンパクトに完成されている究極の音楽形態であると言えます。

音楽を始めるときには好きなジャンルやアーティストの楽曲を演奏したくてはじめたりすることが多いと思います。ギターはそういった多岐にわたるジャンルをカバー出来るとても汎用性の高い楽器です。

オンラインでレッスンが探しやすい

いざ楽器を決めて練習しようと思った時にレッスンを受けるという選択肢をあげる人も多いと思います。


ギターはレッスンを探すという意味でもとてもおすすめな楽器です。レッスンをおすすめするのには3つ理由があります。

・簡単に探すことが出来る
・選択肢が多い
・安い

ギターレッスンは簡単に探すことが出来ます。ギター自体がとても流行っている楽器ですので、オンラインレッスンを探そうと思えば簡単に様々な選択肢を見つける事が出来るのです。


また、選択肢が増えたことでレッスンスクールビジネス自体の競合性も高まり、クオリティーの高いレッスンを提供しているスクールも増えてきました。


また競合性が高まったことで価格設定も様々で個人で教えている人からスクールで教えている人まで多くの価格帯でレッスンを受ける事が出来ます。

オンラインでレッスンが受けやすい

ギターはオンラインでレッスンが受けやすいのでとてもおすすめです。いざ楽器を購入してオンラインで習おうとしても楽器によっては設定が難しかったり教える事が困難だったりします。


例えばピアノやドラムに関しては画角におさまる程の広角なカメラが必要ですしペダル等全てを映しながら音も聞いて会話をするのはかなり難しいです。


設定上の音を送る作業自体に難易度が高い楽器が多い中、ギターはあぐらをかきながらでもレッスンを受ける事が出来るので非常に簡単です。


機器もタブレットやスマホでも十分にレッスンを受ける事が出来ますし、必要な機材や設定も難しくはありません。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!