ギターのオンラインレッスンはこういう講師に習うべき

こういう講師に習うべき

今回ギターレッスンを受けたいと考えている人に対して、現役のギター講師がどういうギター講師に習えばいいかを解説します。

この記事では基本的にはオンラインレッスンに向けて解説しますが、ギターレッスン全般的に講師としてレッスンに必要な能力に関して解説していきます。

また、今回ギターレッスンを探している人=初心者という前提でどういった講師が適任かを考察していきたいと思います。

「教える力」のある講師

まず、レッスンにおいて重要なのは生徒側の気持ちや意図を汲んでくれる講師です。

講師は基本的には演奏力が高くて経験もたくさんあり、生徒が必要な知識を提供出来る人が教えています。

一方でその諸々の能力と「教える力」というのは、まったくの別物です。

第一線で活躍しているスタジオミュージシャンが一流の講師かというと必ずしもそういう訳ではないという事です。

たしかにビクターウッテンのように天が二物を与えた人がいるのもたしかですが、ジミヘンが初心者に向けてまじめなレッスンをしているのを想像出来ませんし、イングウェイが簡単なバラードを教えているなんて考えられません。

つまり実績・講師歴なども重要ですが、それ以上に教える力がある講師を選ばなければいけません。

情報量の多い講師

ではどういう講師が教える力があるのかは探し方が難しいと思います。これは簡単な話で情報量の多い講師を探すと良いです。

CHECK!
情報量の多い講師

講師は一重に情報量の多さがものを言う世界です。プロミュージシャンというと万能なイメージがあると思いますが、やはりギターの中でも専門分野が分かれます。

ジャズが専門な人にメタルによく使われる定番のペダルやアンプを聞いてもしっかりとした答えが返ってくるとは考えられません。

メタルあがりのジャズミュージシャンだったらその情報を持っているかもしれませんが、そういった意味でも経験値からくる情報量を多く蓄えている人を探すことをおすすめします。

講師の中には様々な事に精通している人がいます。そういった人に共通しているのはプロフィールが充実している点です。しっかりと音楽を勉強している人はしっかりとプロフィールが構築されていて分かりやすくなっている事が多いです。

下記にいい教室の探し方も載せておきますので教室探しの足しにしてみて下さい。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

現役ギター講師が教える一番安く高いレベルのギターレッスンを探す方法

効率のいいギターレッスンの探し方

今回はレッスンを安く、かといってちゃんとしたレッスンを探す方法を現役のギター講師が解説します。

レッスンを探すときは星の数ほどある教室から自分にあったレッスンを探さなければなりません。

初心者のうちはどんな教室に申し込んだらいいかは判断する事が難しいと思います。

さっそくですが、まずどんな教室やどんな講師からレッスンを受けるべきなのか、注意点を踏まえて解説していきます。

ギターレッスンはオンラインで探す

ギターはオンラインで探しましょう。探し方ですが、大手の教室をさらっていく感じでいいです。

この時に気を付ける点としては、メイン講師を見て置くことです。教室のメインページに登場する講師等は基本的に教室の看板替わりになっていて、実績のある講師が多いです。

Point!

複数の教室を手当たり次第探してそういった実績のある講師を探しましょう。

実績を見るうえで重要になるのは、演奏実績よりも講師歴です。具体的には人数や年数、またどのくらい所謂「教えている感」があるかです。

特に重要なのは

CHECK!「ちゃんと教えている感」

これは説明が難しいのですが、講師の中には独特のうさん臭さを放つ人もいます。

このうさん臭さを感じたら申し込むのは止めましょう。実績を全く書いていなかったり、個人教室のみでしかやっていなかったり、専門の楽器がない人などかなり怪しい人もいますので気を付けましょう。

【裏技】ギターレッスンはスクールから個人へ

では、教室や講師を見つけたらどうすればいいのでしょうか?体験レッスンを申し込む前に講師名でネットで検索をしましょう。

例えば「田中ギタ朗」という講師がいるとすると「田中ギタ朗 ギター レッスン」などと検索をしてみましょう。

すると講師によってはたくさんヒットがあると思います。いくつか教室で担当を持っていたりしているか確認して比較してみましょう。

一番いいのは個人でスクールをやっている人を見つける事です。ビッグスクールでレッスンを行っていて、個人でもスクールを展開している人は最高です。

こういった人は同じレッスンを個人スク―ルでも行っていて、その実値段設定も仲介手数料がないので安いです。

唯一違う点としては、実教室があるかないか、教材がスクール依存ではないかの二点程度です。

実教室はスタジオでレンタルすればいいですし、オンラインでしたらなにも変わりません。

また、教材がスクールを介さなければ手に入らないものだとするとスクール依存になってしまいますが、ノウハウを吸収するなら個人で展開している資料を提供してもらえれば十分です。

レッスン内容に関してですが、実際内容に差はないです。特に講師歴が長い講師に至っては自分のやり方がある程度構築されている人が多く、スクールごとに切り替えてやることはほとんどありません。

いい講師の見つけ方

それでは、良い講師はどうやったら見つけられるのかを考えていきましょう。

いい講師とは、一言でいうとちゃんとレッスンを行っている人です。これはプロフィールを見るとすぐに分かります。


基本的に経験がないひとは講師実績にほとんどなにも書いていません。また、個人教室でしか行っていない人や、関連性のない複数の楽器を教えている人も同じです。


前述したうさんくささを感じる人はプロフィールや実績をみるとすぐに分かります。かならずチェックするようにしましょう。

ギターレッスンを探してる方へ

最後にこのページをお読みいただき教室を探している方にCayuga Guitarをご紹介致します。


講師実績生徒500人以上を担当してきた講師が展開している個人教室で、様々教室で行っているレッスンをそのまま格安で受ける事が出来ます。


一度無料の体験レッスンでカウンセリングからどうぞ


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

楽器をオンラインで習うならギターレッスンがオススメな理由

ギターレッスンがオススメ

楽器をこれから何か新しく始めたいからオンラインでレッスンを探している人に向けて今回はギターがオススメな理由を解説していきます。

まず今回はギターの可能性とオンラインに向いている楽器としてどういう点でメリットやデメリットがあるのかを解説していきます。

それでは、まずはなぜギターがオススメなのかをご覧ください。

ギターがオススメな理由

音楽の三代要素として挙げられているのがリズム、メロディー、ハーモニーです。多くの楽器は三代要素のうちの1つだけを担当している事が多いです。


リズムに関してはリズムのみを担当している打楽器系のドラムや太鼓やパーカッシブな楽器がありますし、メロディーは単音楽器である管楽器や主旋律をひくバイオリンなども広義にはメロディー楽器と言えます。

ギターに関してはパーカッシブな奏法、単音のメロディーフレーズ、伴奏としてコード演奏を行う事ができるので、ある種最もコンパクトに完成されている究極の音楽形態であると言えます。

音楽を始めるときには好きなジャンルやアーティストの楽曲を演奏したくてはじめたりすることが多いと思います。ギターはそういった多岐にわたるジャンルをカバー出来るとても汎用性の高い楽器です。

オンラインでレッスンが探しやすい

いざ楽器を決めて練習しようと思った時にレッスンを受けるという選択肢をあげる人も多いと思います。


ギターはレッスンを探すという意味でもとてもおすすめな楽器です。レッスンをおすすめするのには3つ理由があります。

・簡単に探すことが出来る
・選択肢が多い
・安い

ギターレッスンは簡単に探すことが出来ます。ギター自体がとても流行っている楽器ですので、オンラインレッスンを探そうと思えば簡単に様々な選択肢を見つける事が出来るのです。


また、選択肢が増えたことでレッスンスクールビジネス自体の競合性も高まり、クオリティーの高いレッスンを提供しているスクールも増えてきました。


また競合性が高まったことで価格設定も様々で個人で教えている人からスクールで教えている人まで多くの価格帯でレッスンを受ける事が出来ます。

オンラインでレッスンが受けやすい

ギターはオンラインでレッスンが受けやすいのでとてもおすすめです。いざ楽器を購入してオンラインで習おうとしても楽器によっては設定が難しかったり教える事が困難だったりします。


例えばピアノやドラムに関しては画角におさまる程の広角なカメラが必要ですしペダル等全てを映しながら音も聞いて会話をするのはかなり難しいです。


設定上の音を送る作業自体に難易度が高い楽器が多い中、ギターはあぐらをかきながらでもレッスンを受ける事が出来るので非常に簡単です。


機器もタブレットやスマホでも十分にレッスンを受ける事が出来ますし、必要な機材や設定も難しくはありません。


人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

ギターレッスンを受ける為に最低限必要なレベルはこのくらい

ギターレッスンは敷居が高い?

ギターレッスンを受けたい人はたくさんいると思います。ですが、敷居を高く感じていると思います。


ギターレッスンを受けに来る人は「全くの初心者なんですが大丈夫ですか?」と枕詞を使いながら体験レッスンを受ける方が多いです。


そんな方々が心配するのは、どのくらいのレベルまで到達したらレッスンを受けてもいいの?という事だと思います。

今回は現役のギター講師が伝えるギターレッスンの入会について解説します。

ギターレッスンを受けるなら最低このくらいは知っておこう

ギターレッスンをこれから受ける方は最低このくらいは知っておくべき事についてですが、レッスンは教室や講師によって対応可能な内容があります。


例えば人によってはプロの人だけにしか教えないというプロtoプロ専門のギタリストや、初心者のみにしか対応していない初心者専門の方もいます。


ストロークしか教えない人もいれば録音の現場やジャムセッションで使える技術を教える人もいます。

 

基本的にプロにしか教えない人は生徒を公募していません。

全くの初心者でレッスンを受ける場合で公募している教室で初心者お断りの場合というのはほとんどありません。


むしろレッスンを受けたいと申し込みされる方は9割が初心者でギター講師はほとんど初心者を教える事をビジネスモデルとしていると言っても過言ではありません。


つまり講師歴が長くて、生徒実績が多い講師は初心者に教えるのに慣れているという事が言えます。

CHECK!講師歴が長くて、生徒実績が多い講師は初心者に教えるのに慣れているという事が言えます。

ギターレッスンは初心者が9割

前述しましたが、ギターレッスンを受講される方は9割が初心者です。その内訳に全くの初心者と少しだけ独学した事のある初心者になります。




公募しているギタースクールなどは9割の初心者でなりたっていますので、だれでも申し込むことが出来きます。




楽器をまだ持っていないけど練習したい人もいらっしゃいますし、一定期間のみ集中して通って宴会芸で発表して退会していく方もいらっしゃいます。

必要最低限のレベルはこのくらい

ギターレッスンを受ける為に最低このくらいのレベルは必要だという事でしたが、敷居を高いと感じてしまう反面レッスンのビジネスモデルを考えるとレベル云々の心配はまったくいらないという事が分かると思います。



重要なのは、スクールや講師の選び方です。初心者だという事を踏まえ、楽器はあるのか、何を習いたいのかを明確にして体験レッスンでカウンセリングを受けるのがベストです。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!

オンラインでギターレッスンを受ける為に必要な物

オンラインギターレッスンを受けるまでの流れ

オンラインでギターレッスンを受けたけどどういう流れでやるのか分からなくて不安という方の為に現役のギター講師がオンラインレッスンの必要な物を分かりやすく1から解説致します。


流れの説明にあたって必要な機材やあったほうがいい道具なども解説しますのでそちらもご参考にしてみてください。


それでは下記の見出しよりご覧ください。

オンラインでレッスンを受ける為に必要なもの

まずオンラインでギターを習う為には設備が必要です。

PCやスマホやタブレット

まず必ず必要なのはオンラインレッスンを行うデバイスになります。デバイスは画面に講師を映してレッスンを受ける為に必要で、スマホやタブレットもネットに繋がるものなら使用する事が出来ます。



ガラケーなどの一部使用できない機器もありますが、ほとんどのデバイスで使用できます。



ちなみに接続環境も重要になりますが、ビデオ通話は通信量が非常に多い為無制限で使用できるのがおすすめです。

カメラ

まずは必ず必要になってくるカメラです。これはそこらへんにあるカメラではなく、ビデオカメラとしてPCに接続できるカメラになります。


ノートPCには元から付いているものが多いですが、使用する前にはしっかりと映るかを確認する必要があります。


スマホやタブレットではインカメで出来るのが多いので確認するといいでしょう。


カメラに関してはPCとスマホやタブレットを無線でつなげることも出来る事があるのでアプリなどをダウンロードして使用する手もあります。

オーディオインターフェース(必要な方のみ)

オーディオインターフェースとはPCやデバイスと電子楽器を繋ぐ中継機器になります。


エレキギター等は生音だと音が鳴らなかったり拾いづらかったりしますが、インターフェースを介する事でマイクの入力と同じ様に音を送ることが出来ます。


アコースティックギターの生音やアンプを通したエレキギターなら声と同様にマイクで拾うことも出来ますが、電子信号のみの楽器でしたらインターフェースは必須と言えます。

ビデオ通話のアプリ

ビデオ通話をするにあたって通話アプリをダウンロードする必要があります。これはスマホでもタブレットでもPCでも同じで、ZOOMやSKYPEなどが主流です。


設定などは簡単に行うことが出来ますのでレッスンを受けたい場合はまず設定方法などを聞いてみるのもいいでしょう。

注意しなければいけない事

注意しなければいけない事として、まずは以下の事になります。

背景

ネットでビデオ通話をするので背景はどうしても講師側に移ってしまいます。


ギターを抱えていると全体像はある程度移さなければならないので部屋の背景は広角に映ってしまいます。


背景が映るのが気になる人は気を付けましょう。


また、グリーバックの様に単色の背景であれば画像を合成する事も出来るアプリがありますのでそちらも利用してみてはいかがでしょうか。

人気のレッスンがすぐに受けられる!
体験レッスン受講で初回レッスンが半額!
3分ですぐ申し込める!
ギターレッスンをお探しならCayuga Guitarへ!